全少2020年度中止 ついに全空連が公表

9月1日、全日本空手道連盟が公式ホームページにおいて「全日本少年少女空手道選手権大会(全少)」の2020年度の開催中止を公表した。

すでに各県連・競技団体をはじめとした各関係者には通知済みで、この日、ホームページに公開された。

https://www.jkf.ne.jp/imp-notices/20200901/17051

第20回目の記念すべき大会である2020年度の全少は、新型コロナの影響で2020年の4月3日付け全空連通達において大会の延期が発表されていた。

しかしながら、新型コロナ感染症が依然として猛威を振るい、感染拡大の第2波、第3波の懸念があるコロナ感染症への警戒は継続すべきであるという観点から、2020年度の全日本少年少女大会をの中止を決定した。

この決定には、全空連が各県連をはじめ関係団体にアンケートを実施した。